帝京大学/順天堂大/東大 にて認知神経科学の研究。
海馬で合成する男性・女性ホルモンにより、認知機能の低下を改善する研究。

ようこそ、川戸研究室へ。
脳での精神現象を担う高次情報変換を生物物理学と分子細胞生物学で解明する研究を行っています。神経シナプス伝達に伴う電気信号、Ca信号、ニューロステロイド信号など情報の受信・変換・発信メカニズムを解析。電気生理・顕微蛍光イメージングなどの計測法を縦軸、分子細胞生物学を横軸として、研究している。具体的には現在以下のようなことを研究しています。

  1. 記憶学習中枢の海馬で合成されるニューロステロイド(男性・女性ホルモンなど)は新しい型のモジュレータであり、グルタミン酸受容体に働き、記憶・学習機能を活性化する。多電極を用いた電気生理とレーザー蛍光顕微システムを用いて、神経ネットワークや神経シナプスの交信機構を解析。

  2. 老化により海馬で引き起こされる認知症やアルツハイマー症の治療法として、性ホルモン補充療法は最も成功しており、世界的中で1000万人に対して行われている。この効果の原理は、海馬神経で合成される女性・男性ホルモンが、性ホルモンとしてではなく、神経シナプス成長因子として働いていて、その作用を補充療法が活性化することに起因する、ということを発見した。常識に反して、雄の脳の方が雌の脳より女性ホルモンを多く合成するので、雄の神経回路が出来上がるのです。記憶中枢で雄雌の神経回路の違いを探っている。ストレスホルモンによる海馬の抑うつ症と、その改善機構も解析。

  3. 海馬でのニューロステロイド合成酵素と受容体からなるネットワークの遺伝子解析。
    KOマウスや遺伝子改変マウスを用いた解析。受容体や蛋白を発現した人工脳細胞を用いての上記研究。

  4. 脳型コンピュータのアルゴリズムを見つけることを目指した研究。
    神経シナプス3次元配線の数理自動解析法の開発を進めている。

  5. 神経スパイン解析ソフト Spiso-3D を開発
    "Full Spiso-3D"をダウンロードして使用できます。
    >> [Spiso3D 操作マニュアル],[Full Spiso-3D], 「Spisoよく起こる問題と解決法」
    論文 Cerebral Cortex (2011) 21:2704-2711, [PDF] [MOVIE]


2015年3月東大定年退職。 同年より 順天堂大学・帝京大学に在職
研究室は
(1) 順天堂大学 大学院医学研究科 泌尿器外科学 (堀江教授)
客員教授
〒113-8421 文京区本郷2-1-1
(2) 帝京大学 薬学部 認知神経科学 寄付講座
特任教授
〒173-8605 東京都板橋区加賀2-11-1
メイルアドレスは 東大時代と同じ、変更なし
E-mail: kawato (at) bio.c.u-tokyo.ac.jp ((at)→@)
HomePage: http://kawato-glia.sakura.ne.jp
研究分野
抗加齢医学、脳科学、記憶学習、神経ステロイド、海馬の男性ホルモンと女性ホルモン、(臨床研究)加齢によるヒトの空間認知機能の劣化と回復
教官
川戸 佳 (東京大学名誉教授)

東大時代の川戸研究室 (1984-2015)
駒場キャンパス
大学院
総合文化研究科/広域科学専攻/生命環境科学系
理学系研究科/物理学専攻/生物物理
学科
統合自然科学科/統合生命 (旧)基礎科学科